貧乳

貧乳は病気?勿論違います!その原因は明確

貧乳は病気ではありません! 貧乳はホルモンが原因

貧乳は病気なんじゃないかな?と不安に思う方もおられるかもしれません。しかし、貧乳は病気なんかじゃありません!
また胸の大きさは遺伝だと思われてるかもしれませんが、遺伝が原因でもありません。そもそも貧乳の原因とは、思春期の頃に多く分泌される女性ホルモンが原因なのです。
また、この女性ホルモンは生活習慣やストレスの影響をうける事がわかっています。ホルモンバランスが崩れる事によって、体にも変化が表れてきます。またストレスなどによって、生活習慣が崩れ暴飲暴食をしてしまい、その後無理なダイエットをしてしまったりと悪循環をうんでしまう原因にもなります。

 

まずはストレスをためないようにする事と、よく睡眠をとる事がとても大事だと言われています。ホルモンバランスが崩れる事によって女性ホルモンが分泌されなくなり、結果バストが小さくなってしまったりしてしまいます。

 

 

生活習慣の見直し 貧乳から脱出しましょう

貧乳が病気ではないという事は、貧乳の方にとっては凄く希望が湧く言葉なんです。なぜかというと、今の生活習慣を改善する事によってバストアップが出来ると言う事だからです。
正しいバストアップ法を学び、習慣つける事によって貧乳からさよなら出来るんです。実際に食生活を変えて規則正しい生活をするようにして、バストアップの正しい方法を身につけた方はバストが大きくなったと言う声が沢山あります。
だからあなたも貧乳だからといって諦めないで、正しい方法を習慣つける事によってバストは育っていきます。

 

 

いつでも、どこでも、片手間バストアップ!「2分26秒」の秘密!ボディスタイリスト大澤美樹『バストアップラボ』